【東久留米市】トイレ詰まり・水漏れ修理会社で被害に合わないで!

良心的なトイレつまり水漏れ修理会社はどの業者?

東京都東久留米市には、星の数ほどトイレつまり水漏れ水道会社が営業活動を行っています。どのようにしてトイレつまり水漏れ業者を選べば無難なのか?躊躇して当たり前ではないでしょうか?。n東京都東久留米市で、失敗しない!トイレつまり水漏れ修理会社を見つける方法をご案内します。

【 東久留米市】 言うことをころころ変える水道業者には留意して!

東京都東久留米市トイレ詰まり水漏れ水道業者の中には、人が緊急事態(弱み)を察知して法外な費用迫ってくる業者が集中しています。n東久留米市で巻き上げられない!トイレつまり水漏れ修理業者をお伝えします。

東久留米市エリア トイレつまり業者ランキング

沿線・東久留米市周辺東久留米市駅付近で人気のカギ開け業者ランキングをご紹介します。

【第1位】水の救急サポートセンター <東久留米市エリア>



東久留米市エリア(全国対応)。修理費用4000円~の良心的なトイレつまり修理業者。相談キャンセル料が無料が人気の理由。年間48000件対応の水のトラブル修理業者。

【第2位】水道救急センター <東久留米市エリア>



東久留米市エリア(全国対応)対応。24時間365日。最短30分で駆けつけてくれるスピード重視の水のトラブル修理業者。水道局指定工事店・34万件以上の実績

【第3位】水道生活センター<東久留米市対応>



エリア(全国対応)。24時間365日電話対応。25万件の水修理実績。現地見積り無料。。

東久留米市トイレつまり業者口コミ・評判

用を足したあとにトイレのレバーを引いても水が流れない

用を足した後、トイレの水を流そうと、いつものようにレバーを引きました。しかし、レバーはきちんと動きますが水は一切流れません。そして心なしかレバーがいつもよりも軽く感じます。トイレのタンクにはきちんと水は溜まっています。流れない理由が想像つかず、業者を呼びました。 すぐに来てくれて、見てもらうと、トイレのタンクの老朽化が原因でした。レバーと連動している鎖が切れていたそうです。すぐに鎖を治してもらい、1時間ほどで元どおりになりました。とりあえず応急処置をしてもらったのですが、老朽化が原因なので後日鎖を交換してもらいました。費用は1万円程かかりましたが、自分ではどうにもできない修理内容でした。 応急処置をして、交換をして、2度にわたり業者の人が来ることになり、少し面倒でした。応急処置をした後、鎖を交換するまで再び流れなくなるのではという不安がありました。しかし無事交換することができました。10年ほど使用したトイレですが、見た目は新しく見えます。けれど、綺麗でも中は老朽化するのだと思いました。

トイレの詰まりトラブル

それは深夜、寝る直前のことでした。 布団に入る前にトイレに行っておこうと思って、用を足して水栓レバーを押した時のこと。「…ドゴン!」と音がして、いつも通り水が流れ始め…たかと思いきや、それは吸い込まれることなく便器に溜まってしまいました。 おや?と嫌な予感がし、その気持ちも流してしまうかのようにもう一度レバーを押しましたが、「…ドゴン!」予想に反してドンドン水が溜まって、今にも溢れそうな状態になってしまいました。 慌てて夫を呼び、常備してあったラバーカップで押したり引いたりしてみたものの、全く水が抜ける気配がなし。 冷蔵庫に貼り付けてあった『水のトラブル24時間対応』のステッカーから一社に電話したところ朝来てくれるとのことで、とりあえずバケツで水を汲み出して放置したら、業者さんが来る頃にはだいぶ水位が下がっていました。 しかし、ここからが本当の地獄でした。トイレの構造について念入りに説明された後、まずラバーカップを使っても流れないということは末期状態だと宣告を受け、絶望。そして、基本料金(ほぼ見積もり)5000円+出張料金5000円で最低1万円かかる上、そこからの処置代が専用ポンプの使用で8000円、それでもダメなら薬品使用で23000円、最悪便器取り外しで+35000円………。 このプランの恐ろしいところは、「とりあえずやりますけど、直るかわかりません。ただ使用料はいただきますよ」とのこと。妊婦で頻尿だったため、涙を飲んで一つずつ試してもらいましたが、結局かかった費用は43000円ほど…。本当に恐ろしい出費でした…。 不動産屋さんに後日相談したら、賃貸なので、仲介してもらっていたらもっと安く出来ただろうとのこと。 妊婦じゃなかったら…、この日不動産屋が休みじゃなかったら…と後悔は尽きませんが、もう二度と同じ失敗は繰り返すまい、と心に固く誓ったトイレトラブルでした。

トイレがつまったときの話

私が小学生低学年のときの話です。私は、その当時ガムや紙切れなどをトイレに流してもよいものだと思っていました。大人が駅のトイレに唾を吐いたり、ごみを捨てたりしているのを見て、トイレにはごみを捨ててもいいんだと勘違いしてしまいました。そして、私は家のトイレでも毎日のようにトイレにガムや紙切れを流していました。普通にごみ箱に捨てればよかったのですが、その当時は流れていく様子が楽しくて観察していたのをよく覚えています。ある日、いつも通りにガムを流そうとすると、トイレが流れなくなりました。親に相談すると、トイレのつまりを直す道具があると聞いたので試してみましたが、つまりは直りませんでした。そこで、業者に頼むことになりました。その時はまだなぜトイレがつまったのかはわかっていませんでしたが、業者の人に直してもらった後に、大量のガムやごみが引っかかっていたとの指摘を受けました。半日ほど作業に時間がかかってしまいましたので、家族みんなトイレができない状況でしたので、こっぴどく怒られたのを覚えています。ごみはしっかりとごみ箱に捨てようと再確認した体験でした。