【中央区】トイレ詰まり・水漏れ会社で失敗しないで!

口コミで評価の高いトイレ詰まり水漏れ水道会社を探すためには、

東京都中央区には、多数のトイレ詰まり水漏れ修理会社が点在しています。どうやってトイレつまり水漏れ業者を決めればいいのか?戸惑ってしまうのが現実だと思います。n東京都中央区で、騙されないトイレつまり水漏れ修理会社の見つけ方を紹介します。

【 中央区】 悪徳水道会社には慎重な行動を!

東京都中央区トイレ詰まり水漏れ水道業者の中には、人が治せない(弱み)を確認して高額な費用請求してくる業者が乱立しています、n中央区で巻き上げられない!トイレ詰まり水漏れ修理業者をお伝えします。

中央区エリア トイレつまり業者ランキング

沿線・中央区周辺中央区駅付近で人気のカギ開け業者ランキングをご紹介します。

【第1位】水の救急サポートセンター <中央区エリア>



中央区エリア(全国対応)。修理費用4000円~の良心的なトイレつまり修理業者。相談キャンセル料が無料が人気の理由。年間48000件対応の水のトラブル修理業者。

【第2位】水道救急センター <中央区エリア>



中央区エリア(全国対応)対応。24時間365日。最短30分で駆けつけてくれるスピード重視の水のトラブル修理業者。水道局指定工事店・34万件以上の実績

【第3位】水道生活センター<中央区対応>



エリア(全国対応)。24時間365日電話対応。25万件の水修理実績。現地見積り無料。。

中央区トイレつまり業者口コミ・評判

便秘の末路

私はこどものから便秘です…1週間でないのは当たり前、ひどいときは2週間でないことも。 そんなに溜まってるものですから、出た時はものすごい大きくて固いヤツがでます…。 トイレが詰まるのはいつものこと、いつもラバーカップにお世話になっていました。 ラバーカップ使ったことありますか? あれはとても優秀です。何度かピストルするだけでするーっと流れていきます。 もうラバーカップなしでは生きていけないのではないかと(笑) ところが事件は起きました…まさかと会社で1週間ぶりの便意に襲われました。 嬉しい反面詰まらせたらどうしようという不安に襲われました。 1週間ぶりにスッキリ!!したのは良いのですが、やはり詰まりました(泣) しかしここは家ではなく会社。 ラバーカップはありません。 とりあえず冷静にもう一度流してみたところ…まさかの便器から水が溢れてきたのです。 絶体絶命のピンチ!! もうこうなったら恥ずかしいのは我慢して打ち明けるしかない… 仲の良い先輩に相談したところラバーカップの置き場所を偶然知っていて他の人には知られずに事なきを得ました。 これを機に病院で処方薬をもらい便秘の治療を開始、今では詰まらせるヤツが出ることはなくなりました。 持ち運びできるラバーカップありませんかね?

トイレの水詰まりと業者の対応

3年ほど前に痴呆の入った義理の母親が紙オムツをトイレに流そうとして、トイレが詰まる事件が起こりました。 朝起きた時に気づいたのですが、トイレから水が溢れ出し、廊下が水浸しになっていました。多分義母は、長そうとして焦って何度もノブを回したのだと思います。 最初は廊下に溢れた透明の粒々の含まれた水を見た時には意味不明だったのですが、それは紙オムツの中の繊維でした。その惨状を目にして、自力で何とかなるものではないと思い電話帳で調べたトイレ詰まり等の処置をしてくれそうな業者に電話しましたが、すぐに対応出来ますと言われましたが、費用は?と聞くと、最低でも5万ほどかかると言われました。その上、場合によっては専用の機械や車を導入しないといけないので、その場合は10万を越しますと言われました。 当時経済的に結構厳しかったので、そんな費用はとても払えないので、ほかの業者を当たり、テレビでもよくCMしているような業者にも聞きましたが、結局同じような答えでした。 それで最後に電話した業者に値段を聞く前に今まで電話した業者の言い値は決して払える額じゃないのでとても困っています!と伝えると、「いくらなら払えますか?」と聞かれ、「3万円が限界です。」と言うと、「わかりました。その中で納めます。」と言われてそこにお願いすることにしました。結果的には器具の交換こそありませんでしたが、二人の作業員が便座全体を外しての作業になり、値段の割に結構大変な作業をしていただく事にはなりました。 その方達にはとても感謝していますが、家庭のトイレが詰まるというのは半日だってとても困る事象で、一時も早く直さないといけない緊急事態といっても多言ではありません。最終的な業者の方の対応からすると、殆どの水道修理業者が私達のそんな状態の弱みにつけ込んだボッタクリという印象が拭えませんでした… マンション等でそういう事案に対する保証がある場合もあるみたいですので、普段から調べておく必要がある事も後から知りました。

はじめての一人暮らしで紙を詰まらせてしまった

私は初めて一人暮らしをした18歳の時に、トイレのトラブルを経験しました。実家では、母が全ての家事を担ってくれていたので、一人暮らしになってからも、トイレットペーパーを購入するタイミングがよく分からず、うっかり切らしてしまうことが何度かありました。また明日買えば良いかと思って、とりあえず家にあったティッシュペーパーを利用しました。あまり深く考えず、同じ紙だから、そのうち溶けるだろうと思い込んでいたのです。普段はトラブルもなく過ごせていたのですが、ある日の朝、トイレが流れにくいことに気づきました。まったく流れないわけではないけれど、少しずつしか流れません。そのうち流れるようになるかもを淡い期待を抱いていましたが、夜に帰宅しても水が完全には流れていない状態で、昨日の自分の行動を反省しました。翌朝、管理会社に連絡したところ、担当の業者さんが来てくれました。指輪など大切なものを落としていないのであれば、すぐに解決すると説明がありました。その後、空気を送り込む道具を使い、トイレのトラブルは無事に解決しました。住まいのサポートをしてくれる契約を結んでいたので、費用はかかりませんでした。トラブルの後、母からトイレットペーパーは水に溶けやすいようにできている、他の紙はほぼ解けないんだよということを教えてもらい、反省しました。また、いつも当たり前に家事をこなしてくれていた母に感謝する気持ちが強くなりました。