【北区】トイレつまり・水漏れ会社に騙されないで!

信頼できるトイレつまり水漏れ水道会社はどの業者?

東京都北区には、様々なトイレつまり水漏れ水道会社が入り混じっています。何を基本としてトイレつまり水漏れ業者を選べば無難なのか?決めあぐねてしまうのが現実だと思います。n東京都北区で、痛い目に合わない!トイレつまり水漏れ水道業者を探す方法を公開します。

【 北区】 質の悪い修理会社に注意して!

東京都北区トイレつまり水漏れ水道会社の中には、人が緊急事態(弱み)を見透かして相場以上費用支払い要求業者が無数に存在します。n北区で巻き上げられない!トイレ詰まり水漏れ修理業者をご説明します。

北区エリア トイレつまり業者ランキング

沿線・北区周辺北区駅付近で人気のカギ開け業者ランキングをご紹介します。

【第1位】水の救急サポートセンター <北区エリア>



北区エリア(全国対応)。修理費用4000円~の良心的なトイレつまり修理業者。相談キャンセル料が無料が人気の理由。年間48000件対応の水のトラブル修理業者。

【第2位】水道救急センター <北区エリア>



北区エリア(全国対応)対応。24時間365日。最短30分で駆けつけてくれるスピード重視の水のトラブル修理業者。水道局指定工事店・34万件以上の実績

【第3位】水道生活センター<北区対応>



エリア(全国対応)。24時間365日電話対応。25万件の水修理実績。現地見積り無料。。

北区トイレつまり業者口コミ・評判

自宅トイレの水が出っぱなしになってるのを直したが、クセづいてしまった

私は40代の男性で一人暮らしをしています。 実は以前からトイレのトラブルで困ってます。 そのトラブルの症状というのは、トイレの水が出っぱなしになる事です。 自宅のトイレは水洗の和式トイレなのですが、お水を流すとしばらく貯水タンクに水が注ぎ込まれます。 普通は一定量貯まったら給水はストップします。 しかし給水が止まらなくなってしまったんです。 トイレに行ってから1時間ぐらい経過してるのに、トイレから水音がするんですよね。 あれ?と思ってみてみると、水は止まらずに流れっぱなしとなってました。 幸い床が水浸しにはなってませんでした。 しかしこのまま放置しておけば水道代の無駄ですし、第一貯水タンクに水が貯まらないので小便ならともなく大便を流せません。 そこで貯水タンクの上部分をはずし、どうなってるのか調べてみました。 結論から言うと、貯水タンクの底の蓋がきちんと閉まっていなかっただけなので、一度蓋を持ち上げてから底に落とすと水はストップしました。 しかし手を突っ込む際に水しぶきが飛んでトイレの床はビチャビチャに。 貯水タンクの上部分を外す時に何か触ったようで、手は真っ黒。 業者に依頼せず自己解決出来たので修理代はかかりませんでしたが、散々でした。 ただ蓋をしなおしたというだけで、根本的な修理にはなってないんでしょうね。 クセになったようで、それ以降も度々水が流れっぱなしになるんです。 その度に手を給水タンクの底に突っ込んで蓋をつけ直してるんですけど、その度にトイレの床は水でビチャビチャ、手は汚れまくり。 お金がもったいないなと思って自分で直してますが、やはり業者に依頼してちゃんと修理しないとダメなのかな?と悩んでいます。

夜中にトイレが詰まった。

深夜1時ぐらいに、突然トイレが詰まってしまい、流れなくなりました。朝まで待って業者が営業時間になってから電話しようかと考えましたが、その間にまたトイレに行きたくなる可能性が高かったので電話してみました。また、その時は便器の中に入れてカパカパするあのツール?でやれば大抵のつまりは治るということを知らなかったので、値段が高いのを承知で仕方なく業者に電話しました。電話を切ってから20分また何しにすぐ来てくれたのは良かったです。来てくれた業者の人は割と若者の男の人で、主人は家にいたもののそれでもちょっと怖かったです。名刺とかそういうのもくれるのかなと思ってたらそれもなく、代金は1万円とちょっとしましたが文句をつけると怖そうなので黙って支払って帰ってもらいました。作業は一緒で完了。後になって友達に聞いたらあのカパカパするツールで大丈夫だったのにと言われてちょっとショックを受けましたが今回は諦めました。

電源が入らなくなり、ウォシュレットが使えない。リモコンも使えない。便座も冷え冷え。

ある日突然、いつも点いているはずの緑のランプが消えていて、トイレ本体の電源が入らなくなり、ウォシュレットが使えなくなりました。もちろん便座はとっても冷たく、リモコンの流すボタンも効かず、手動で操作することになってしまい、とても不便な生活を強いられました。ネットで調べてみるとTOTOのうちのトイレのタイプは10年前後でそのような症状が出ることが良くあるそうで、修理しなくてはならないかと思いつつも、そのまま使用し続けていました。ウォシュレットが使えない不快さはありましたが、家にはもう一つトイレがあるので、何とか我慢できました。そんなある日またまた突然、今度は電源が入って緑のランプが点灯しているではありませんか。家族全員万歳して喜んだのも束の間、数日後には再び緑のランプは消灯してしまいました。季節は真冬。トイレに座ることも冷たくて辛くなったので、修理の依頼をしようと思いましが、10年以上使用していたので、また直ぐに故障されても困ると考え、思い切ってリフォームすることにしました。新しいトイレは節水タイプで、しかも便器にふちが無くとても掃除がしやすいです。10年でかなり進化しているなぁと感じました。やっぱり温かい便座にゆっくり座ってウォシュレットが使用出来ることは、本当に幸せなことだなぁとしみじみ感じています。