【東京都】トイレ詰まり・水漏れ修理業者に騙されないで!

優良なトイレ詰まり水漏れ水道業者を探すためには、

東京都には、数多くのトイレ詰まり水漏れ修理会社が乱立しています。何を基準にトイレ詰まり水漏れを選ぶべきか?戸惑って当然だと思います。。n東京都で、騙されないトイレつまり水漏れ修理会社の選び方をお知らせします。

【 東京都】 顔色て判断する水道業者には慎重な行動を!

東京都トイレつまり水漏れ水道会社の中には、人が修理できない(弱み)を確認して高額な費用言い張る業者が点在しています、n東京都でワナにはまらない!トイレ詰まり水漏れ修理業者をご説明します。

東京都エリア トイレつまり業者ランキング

沿線・東京都周辺東京都駅付近で人気のカギ開け業者ランキングをご紹介します。

【第1位】水の救急サポートセンター <東京都エリア>



東京都エリア(全国対応)。修理費用4000円~の良心的なトイレつまり修理業者。相談キャンセル料が無料が人気の理由。年間48000件対応の水のトラブル修理業者。

【第2位】水道救急センター <東京都エリア>



東京都エリア(全国対応)対応。24時間365日。最短30分で駆けつけてくれるスピード重視の水のトラブル修理業者。水道局指定工事店・34万件以上の実績

【第3位】水道生活センター<東京都対応>



エリア(全国対応)。24時間365日電話対応。25万件の水修理実績。現地見積り無料。。

東京都トイレつまり業者口コミ・評判

トイレの水がでっぱなしになる

トイレを流したあと水が止まらなくなりました。よく頻繁にあった事だったのですが、その原因がよく分かりませんでした。何回かコックを数回動かすと、改善して水がとまったりしていましたがどうもその時は改善が見られませんでした。タンクの底を見ると、黒いブイみたいのが便器に流れる管があってそれを防ぐのですが、僅かに隙間が空いてそこからちょろちょろ水が下に流れて行ってしまいます。これだと水がいくらあってもタンクに水がたまらないし、水は無駄に流れていく訳です。 夜中という事もあって、この音で眠れないし業者を呼ぶにも時間も時間。色々いじっていくうちにこのトイレの構造が解ってきたわけです。チェーンについた黒のブイをコックで開くことになっていてそれが管を通って行く。このチェーンにU字がたの金具がついてます。これがサカサマになるとチェーンが浮き上がってしまって、ブイが浮いてしまうという現象になっている事を突き止めました。その後はこの構造が解ったので、なった時にはこの金具を戻してやると治る事が解りました。

トイレの水が止まらなくなった

ある日、いつもの様に用を足した後に流してトイレを出た後、しばらくしても水の流れる音が聞こえてきた為トイレを覗いてみたらタンクの蛇口から水が流れっぱなしの状態になってました。 何かおかしいと思い、蓋をあけてみるとタンクの中に水が全く溜まっていない状態に。 何でだろうと中を伺っていると、水の流れを止める栓がタンクの隅っこに転がっている状態に。 業者を呼ぼうかと悩んでみましたが、よくよく観察してみると栓とフロートを繋ぐチェーンが何かの拍子で外れてしまった事が原因だと判明。 タンクのなかの管が邪魔で、修復には時間がかかりましたが、チェーンが切れている訳でも無かった為業者を呼ぶまでもなく、自己解決出来ました。 どうしてこんな事が起きたのかと思い返してみると、流す際のレバーを勢いよく弾く様に使用していた事が原因ではないかと思い、 それ以後は、キチンとつまんでゆっくり引くように心がけています。 同じの様な事象で、逆に水が流れないという事も経験しましたが、こちらもやはりチェーンが外れてしまった事が原因でした。 水が流れない、流れっぱなしの時は慌てずに、まずは原因を特定する事と日々の扱いに注意する事が大事なんだと気付かされました。

便座の色が変色してしまいました。

トイレ掃除をしていると、便座の裏側がなんとなく黄ばんでいることに気がつきました。そこはどうしても尿の跳ね返りが多い場所なので仕方がないと思い、いつも使っている中性のトイレ用の洗剤を吹き付けて、雑巾で拭きました。しかし、何度拭いてもその黄ばみは消えませんでした。 掃除が終わってからも、その黄ばみが気になっていました。見えないところならともかく便座をあげるとすぐ見えてしまうので、なんとか消せないものかと考えました。 そこでふと、以前職場の人がトイレの頑固な汚れにティッシュペーパーをしいて、そこにトイレの酸性の洗剤をたくさんかけて放置しておいたら、すっかりキレイになっていたという話を思い出しました。 私は早速酸性の洗剤を買い、同じように黄ばみの部分にティッシュペーパーをしき、上に洗剤をかけました。 5時間ほどそのままにしておいたと思います。きれいになっていることを想像して、ティッシュを取り、雑巾で拭きました。すると、全く予想していない事態になっていました。なんと掃除する前より黄ばみがひどくなっていたのです。 それから何度も水拭きしましたが、黄ばみは消えませんでした。酸性の強い洗剤は、かけてから長くおいてはいけないものでした。便座の材質にもよりますし、素人には使い方が難しかったのかもしれません。